外国人技能実習生受入制度

日本の企業等で技術、技能又は知識を修得するために外国人を受入れ “ 技能実習 ” を通じて技能実習生の人材育成と日本で修得した技術の母国への移転を図るという人的な国際貢献を目的として、国が実施している制度です。講習を含む一年間の実習終了前に、技能実習2号移行対象職種に限り、技能検定試験基礎級、技能評価試験初級を受け、更に2年 “ 実習期間 ” を延長する事ができます。
3年満期帰国前に技能検定試験3級若しくは技能評価試験専門級の実技試験の受験義務があり、それに合格した場合、監理団体と実習実施者の双方が優良組合、優良企業を取れていれば、また更に2年延長することも可能となり、最長5年の実習を行うことができます。

労働関係法令適用

技能実習生受入れのメリット

企業による国際貢献

日本の技術・技能・知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、企業にとって 大きな国際貢献といえます。

向上心旺盛な若者の受入れによる企業内活性化

日本の技術・技能・知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、企業にとって 大きな国際貢献といえます。

企業内における国際交流、国際理解の促進

日本の技術・技能・知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、企業にとって 大きな国際貢献といえます。

国際ビジネスへの展開

日本の技術・技能・知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、企業にとって 大きな国際貢献といえます。

当組合の技能実習生選択基準

  • 1、18歳以上で現在技能実習対象となる職種で働いていること
  • 2、中学校またはそれ以上の学校を卒業していること
  • 3、技能実習を受けるに足る日本語能力を持つと認められること
  • 4、同業種の基礎技能を有すること
  • 5、技能実習制度の意義を理解し、実習意欲の高いこと
  • 6、母国の政府機関または地方公共団体から、技能実習参加に掛かる推薦を得られること
  • 7、技能実習終了後、母国にて復職保証されていること
  • 8、健康で治療の必要な持病等を有していないこと