金属加工業

技能実習生国籍:ベトナム 受入人数:30名

現場の技術伝承がうまくいかず、クレーム対応の増加や稼働率の低下で困っていました。 そこで、協同組合共栄を通じて技能実習制度を知り、検討を進めました。 同業種の職歴があり、日本語も母国で4~6ヶ月程度勉強していると聞き、受け入れを決めました。 ベトナム人実習生の熱心な実習態度に触れ、現場の雰囲気も変わりました。今後の活躍を期待しております。

縫製業

技能実習生国籍:中国 受入人数:3名

現状採用活動を進めましても、中々人材が集まりません。周辺地域の高齢化も進み、若年層の雇用が難しい状況の中で、この制度を知りました。 数ある監理団体の中で実習生教育への取り組みや実習生たちへの生活サポートの手厚さなどがポイントとなり、協同組合共栄に依頼しました。 中国現地での面接や入国時の様々なお手伝いをいただきながら、無事実習を続けております。毎月1回、組合の職員が訪問してくれるので非常に 助かっております。 これからも組合を通じて実習制度を活用していきたいと思います。

食品加工業

技能実習生国籍:タイ 受入人数:9名

パート・アルバイトの方に助けを借りながら、採用活動を進めている中で海外人材雇用の取り組みを検討しておりました。 異業種間交流会で技能実習制度の存在を教えていただき、情報収集の中で協同組合共栄と出会いました。受入れ実績も豊富で様々な 相談に乗っていただきました。初めての受け入れで不安は拭いきれませんでしたが、まずは取り組んでみることを決め、共栄にサポートを お願いしました。パートのかたとも日本語でコミュニケーションを取り、非常に助かっております。3年間という限られた期間の中で是非、 日本の働き方を学んでいただければと思います。